厚労省が了承 世界初 | 2018/05/28

和歌山県橋本市、五條市の骨盤矯正、はり治療、美容整体、

交通事故治療が得意な整骨院(接骨院)

「こうづ鍼灸整骨院」

おはようございます🔆

鍼灸師、柔道整復師の瀬田です!

以下引用

厚生労働省は16日、iPS細胞から作った心筋シートを重症心不全患者の心臓に移植する治療の臨床研究を大筋で承認した。本年度中に一例目の移植が行われる。

iPS細胞を使った再生医療は既に目の病気の患者に対して行われているが、今回は日本人の死因第二位で、患者数も多い心臓病に対する世界初の治療となる。研究チームは心臓移植に代わる治療の実現を目指して心筋シートを開発。iPS細胞の可能性を実証する研究として注目される。細胞が腫瘍になるリスクも指摘され、安全確保が課題だ。

計画は、血管が詰まって心臓の筋肉に血液が届きにくくなる虚血性心筋症が原因で重症心不全となった三人の患者が対象。京都大が備蓄している拒絶反応が起きにくいiPS細胞から心筋細胞シート(直径数センチ、厚さ約0.1ミリ)を作製し、心臓に貼り付ける。移植した心筋細胞が分泌するタンパク質が心臓の働きを促すと期待される。臨床研究では、心機能が改善するかどうかや安全性を確かめる。

以上

と難しいですね😩

少し分かりやすく説明すると、

なんで移植しやなあかんの?ってとこから人間の身体には自分の力で再生出来るものと出来ないものがあります👌

再生できないものは人工物で補うか他人から貰うしかないですよね

その一つに心臓があります。僕たちの身体を動かしてくれている筋肉は再生能力がありますが、心臓の筋肉、心筋と呼ばれるものは再生能力がないんです!

なので心臓を栄養する細い血管が詰まってその先の心筋が死んでしまうとそこは再生されないんです

それを繰り返すと心臓の大部分が機能しなくなってしまいます😂

そこにips細胞で作った心筋シートを貼るわけです。

この治療が少しでも認知され、将来、全国、全世界で安全かつ皆、平等に受けられるよう願いを込めて記事にさせてもらいました❗️

でわ、また✋

=============================================================

橋本市の骨盤矯正、鍼治療、美容整体、

交通事故治療が得意な整骨院(接骨院)

 「こうづ鍼灸整骨院」

〒648-0095

和歌山県橋本市橋谷502-2

(林間田園都市駅 徒歩14分 / 御幸辻駅 徒歩12分)

TEL/FAX 0736-26-5125

公式ホームページ

   ↓↓↓

http://kozu-seikotsuin.com

診療日・時間

【水 ・ 土】  9:00~12:00

【月 ・ 木】  9:00~12:00 15:30~19:30

【火 ・ 金】  9:00~12:00 15:30~20:30

  休診/日曜・祝日・第4土曜日

 

お問い合わせはこちら

tel:0736265125

tel:08097546697

ネット予約

TOPへ戻る